検索
  • 藻谷ゆかり

2019年、お世話になりました!

最終更新: 2019年12月31日



今年もあと1日、皆様にとっては2019年はどんな年でしたでしょうか?


私は5月末に初めてビジネス書、「衰退産業でも稼げます」(新潮社)を上梓したことによって、人生が大きく展開した一年でした。この本では、地方のスモールビジネスでの画期的な16事例から、「ビギナーズマインド・増価主義・地産外招」というキーコンセプトを導き出し、日本、特に地方経済をどのように活性化するかについて具体的に提言しています。


本を出版後の半年間で、17回の講演会やトークイベントを全国でさせていただき、今までのビジネスや地方移住で得られた知見を皆様にお話しさせていただく機会に恵まれました。

講演会後の参加者アンケートで、



「今日の講演会を10年前に聞きたかった。大きな収穫を得られた」



「 イノベーションは頭を柔らかくして考えるべきと分かった。光が見えてきた。」



というご感想をいただけたのは、とても光栄でした。来年は100回を目標に全国で講演していきたいと思います。すでに 30回弱の講演の予定があります。もし皆様の地域や所属で「起業X事業承継X地方移住」に関する講演会をされるようでしたが、ぜひお声かけください。


さて、ここ数日は今年の総決算ということで、断捨離を実行中です。まず何十年かの蓄積である「着ない洋服」を、古着でワクチンという活動を通じて断捨離しました。3000円がかかりますが、まだ着れる洋服をどこかで活用してもらえて子供たちにワクチンを贈ることができるので、捨てる罪悪感を軽減できます。洋服の断捨離を終えて思うことは、「もう洋服は買わない!」今もそうですが、来年は着物を着る機会をもっと増やしていきたいと思います。 ちなみに「古着でワクチン」は下の写真のように洋服25KG入る袋に古着を詰めます。古着

といっても、数回しか着ていないのに5年以上着ていないものを詰めました。これらをインドで活用していただくことで罪悪感は少し減りますが、これだけ無駄なことをした自分への嫌悪感がすごいです。(写真のビニール傘は比較のために置いています) では、皆様良いお年をお迎えください!


#起業 #事業承継 #地方移住・地方創生 #衰退産業でも稼げます #藻谷ゆかり










69回の閲覧